目立たない装置・見えない装置

iTero(アイテロ)とは?

iTero(アイテロ)とは、インビザラインの作成に必須である歯型を取るための3Dスキャニング機器です。インビザラインに最も重要なことは、正確な歯型データを取ることです。iTero(アイテロ)を使用することで歯型をデータ化しより精密で確実なマウスピースを作成します。

iTero(アイテロ)なら嘔吐反射が心配な方でも安心

嘔吐反射とは、一般に過度の飲酒や摂食、腐敗・変質した食物の摂取、過度の運動、体調不良などの際にまず脳内の「嘔吐中枢」が刺激され、「吐き気」を催し、それに続いて嘔吐することです。(引用:ウィキペディア)

矯正治療では、アルジネート(またはシリコン)と呼ばれる粘土のようなもので印象採得(歯型取り)を行います。

このアルジネート(またはシリコン)による印象採得(歯型取り)は、小さなお子さまや女性で嘔吐反射を起こす方がいらっしゃいます。一方、iTero(アイテロ)による歯型取りは、光をあてながら歯をスキャンしますので嘔吐反射が起こりません。

なぜインビザラインにiTero(アイテロ)が必要なのか?

以下の2つの写真を比較してみてください。

アルジネート(またはシリコン)
による印象採得(歯型取り)
iTero(アイテロ)
によるスキャン(歯型取り)

違いが分かりますでしょうか?iTero(アイテロ)によるスキャンの方が、より細かく歯の形態が再現されています。インビザライン矯正は、歯型を元にアライナー(マウスピース)を作成します。歯型が精密に再現できていればいるほど、良い治療に繋がります。

iTero(アイテロ)を導入している歯科医院は、わずか・・・

歯の治療に限らず、治療を受ける際、専門の医療機関を受診したいと思うのは誰でもそうですね。インビザラインの臨床経験(症例数)が多く、専門的に行っている有名な歯科医院ではiTero(アイテロ)を導入しています。

しかし、iTero(アイテロ)を導入している医院は、まだまだ少ないの現状です。宮城県では2件(仙台市に2件)となっており、仙台市内の矯正歯科専門医院でiTeroを導入しているのは当院のみとなっています。

仙台東口矯正歯科  初診相談受付中