出来るだけ歯を抜かない治療

「抜歯をしない矯正」で美しく健康な歯へ

「抜歯をしない矯正」で美しく健康な歯へ

患者さまが「大切な歯を抜きたくない」と考えるのは当然のことです。歯並びをきれいにするためとはいえ、健康な歯を抜くということは、患者さまにとって精神的にも身体的にも負担になります。そして、私たち歯科医師も、大切な歯をできるだけ抜かずに治療をしたいと考えています。

当院では、精密な検査にもとづく的確な診断と、インプラント矯正などの最先端の矯正治療によって、できるだけ歯を抜かずに美しく健康で長持ちする歯を追求します。

ただし、精密検査の結果、以下に該当する場合には必要最小限の抜歯による治療をご提案する場合もあります。

  • 1. あきらかに抜歯をしない治療が不可能な場合
  • 2. 抜歯をしない治療により、歯の健康や長期の予後に悪影響が予測される場合
  • 3. 患者さまの望む治療結果に抜歯をしない治療では対応できない場合

代表的な非抜歯矯正の治療例

小児期の拡大治療

成長途中である小児期は、顎骨がやわらかいため、成人矯正の場合よりも歯列を側方へ拡げやすく、抜歯をせずに歯が並ぶためのスペースを確保することができます。

  • 小児期の拡大治療
  • 小児期の拡大治療
  • 小児期の拡大治療

インプラントアンカーを利用した歯の後方移動

上顎の前歯が出っ歯になっている場合の非抜歯治療です。一般的な矯正治療では、中間の歯(小臼歯)を抜いて前歯を後方に引っ込める治療を行ないますが、当院では歯を抜かずにインプラントアンカーを利用して上顎の歯全体を後方へ移動させることで、出っ歯を改善しました。

『インプラントアンカーとは・・・』
  • インプラントアンカーを利用した歯の後方移動
  • インプラントアンカーを利用した歯の後方移動
  • インプラントアンカーを利用した歯の後方移動

Distraction(仮骨延長法)

外科手術によって顎骨を切って分割し、その切った骨が治癒するときに生じる仮骨(未熟な骨のもと)を徐々に牽引することで骨の新生を誘導し、顎骨を延長する治療方法です。重度の小下顎症などで応用される治療方法です。延長された骨は、類骨や線維骨ではない完全な成熟骨となります。なお、外科手術は病院歯科で受けていただきます。

  • Distraction(仮骨延長法)
  • Distraction(仮骨延長法)
  • Distraction(仮骨延長法)