iTero(アイテロ)

iTero(アイテロ)とは

iTero(アイテロ)とは

iTero(アイテロ)とは、インビザラインの作製に必要となる、歯型を取るための3Dスキャニング機器のこと。
インビザラインにおいて最も重要なことは、正確な歯型データを取ることです。iTero(アイテロ)により歯型を正確にデータ化し、より精密で確実なマウスピースを作製することができます。

iTero(アイテロ)なら嘔吐反射が心配な方でも安心

iTero(アイテロ)なら嘔吐反射が心配な方でも安心

矯正治療では、アルジネート(またはシリコン)と呼ばれる粘土のようなもので印象採得(歯型取り)を行います。小さなお子さまや女性の中には、このアルジネート(またはシリコン)による印象採得で嘔吐反射を起こす方がいらっしゃいます。

嘔吐反射とは、一般に過度の飲酒や摂食、腐敗・変質した食物の摂取、過度の運動、体調不良などの際にまず脳内の「嘔吐中枢」が刺激され、「吐き気」を催し、それに続いて嘔吐する(ただし吐き気が来ないままいきなり嘔吐する場合もある、特に乳幼児や泥酔している場合)。嘔吐の結果、吐き出されたものを「吐瀉物(としゃぶつ)」とよぶ。また舌の奥に指を入れたりして吐き気を催すことを「嘔吐反射」という(引用:ウィキペディア)

しかし、光を当てながら歯をスキャンするiTero(アイテロ)による歯型取りであれば、嘔吐反射を起こす心配がありません。

なぜインビザラインにiTero(アイテロ)が必要なのか?

以下の2つの写真を比較してみてください。

  • アルジネート(またはシリコン)による印象採得(歯型取り)

    アルジネート(またはシリコン)による印象採得(歯型取り)

  • iTero(アイテロ)によるスキャン(歯型取り)

    iTero(アイテロ)によるスキャン(歯型取り)

ご覧のとおり、iTero(アイテロ)によるスキャンの方が、より細かく歯の形態を再現しています。
インビザライン矯正は、歯型を元にアライナー(マウスピース)を作製。そのため、歯型を精密に再現することが、最良の治療結果に繋がります。

iTero(アイテロ)を導入している歯科医院は、わずか・・・

iTero(アイテロ)を導入している歯科医院は、わずか・・・

歯の治療に限らず、どのような治療でも専門の医療機関を受診したいという気持ちは誰もが抱くものです。
インビザラインを専門的に行っている有名な歯科医院は、臨床経験(症例数)が豊富ですが、その多くがiTero(アイテロ)を導入しています。

しかし、iTero(アイテロ)を導入している医院は、まだまだ少ないのが現状です。
宮城県では2件(仙台市に2件)となっており、仙台市内の矯正歯科専門医院でiTero(アイテロ)を導入しているのは当院のみとなっています。