選び方5つのポイント

Point1 3Dスキャンニング機器(iTero)がある

Point1 3Dスキャンニング機器(iTero)がある

iTero(アイテロ)は、見えない矯正として需要の高い矯正治療「インビザライン」で使用する、「歯型を取るための3Dスキャニング機器」です。
インビザラインでもっとも重要なことは、マウスピース型の矯正装置を作製するために正確な歯型を取ることです。当院がiTeroを導入しているのは、iTeroを使用することで歯型をデータ化し、より精密で確実なマウスピースを作成するためです。

しかし、iTeroはインビザライン専用の高価な先進機器であるため、インビザラインを行なっている医院のなかでも導入している医院はまだ少なく、導入しているのは日本の歯科医院全体の3%にも満たないといわれています。(2017年現在)
そのため、iTeroを導入している医院は、矯正装置の精度を上げ、患者さまによりよい治療をご提供するために最善を尽くしているといえます。

Point2 ドクターの技術力が高い

「心から納得できる矯正治療には、技術力の高い矯正歯科医の治療を受けることが必要です。
歯科医師の技術力のレベルは、どのような矯正治療に対応できるかということで、ある程度判断することができます。

たとえば、「インビザラインはできるけれど、裏側矯正は対応できない」という場合は、
根本的な歯の動かし方を熟知しておらず、予想外の治療経過となった場合に、適切な対応ができないともいえます。
失敗しない矯正治療のためには、幅広い矯正治療に対応できる歯科医院を選びましょう。

Point2 ドクターの技術力が高い

また、症例写真はドクターの技術力を見極める大きな判断材料になります。
ご自分と似た症状の症例写真をカウンセリングなどで見せてもらい、きれいに改善されている症例がたくさんあれば、
治療技術のレベルが一定の水準であると判断することができます。

Point3 治療費が適正価格である

Point3 治療費が適正価格である

治療費が安いということは、患者さまにとって大きなメリットに思えると思います。しかし、どうか大切な体に関することを治療費の安さだけで判断しないでください。よりよい治療を提供するためには、最新の機器や良質な矯正装置の作成のために、どうしてもコストがかかります。治療費が安いということは、よりよい治療を追求するためのお金をかけていないともいえるのです。

インビザラインの治療費でいえば、相場は80~90万円ほどです。この金額よりも10万円も20万円も安いという場合には、注意が必要です。
後悔しない矯正治療のためには、適正価格で質の高い治療を提供してくれる医院を選びましょう。

Point4 納得がいくまで説明してくれる

Point4 納得がいくまで説明してくれる

矯正治療の最初のステップは、「初診相談(カウンセリング)」です。
初診相談では、患者さまのお口の状態やご要望に合った治療方法の説明を受けたり、治療に関するさまざまな不安や疑問をドクターに聞いたりすることができます。

歯科医院選びで迷ったら、まずは初診相談を受けてみてください。
そして、患者さまにとってベストな治療を提案し、歯並びや治療内容について、さまざまな角度から納得がいくまで十分に説明してくれる歯科医院かどうかをチェックしてみてください。

矯正治療を受けるかどうかは、歯科医師が決めるものではありませんので、無理に治療を進めるような歯科医院ではなく、常に患者さまの立場になって考え、一緒になって治療を進めてくれる歯科医院を選ぶことが大切です。

Point5 ドクターが勉強熱心

Point5 ドクターが勉強熱心

矯正治療は治療技術も矯正装置も日進月歩で進化しています。そのため、患者さまによりよい治療をご提供するためには、常に新しい技術や知識にアンテナを張り、それらを習得して日々の診療に反映していく必要があります。
そういった努力をしているドクターは、矯正治療の学会や勉強会に積極的に参加し、常に研鑽を積んでいます。

ドクターの略歴、ブログ、SNSなどでドクターが学会や勉強会に参加しているかどうかを知ることができる場合もあるので、医院選びの際にはチェックしてみてください。