予防歯科・口腔衛生指導

虫歯や歯周病の予防を重視

歯に矯正装置をつけると、装置周りに食べ物つきやすくなり、虫歯になりやすくなります。矯正治療が終了したときに、歯並びが良くなっていたとしても、虫歯や歯周病が発生していたのでは、矯正治療のメリットは減少してしまいます。
仙台東口矯正歯科では、生涯にわたり、自分の歯が長持ちするように、予防歯科指導を大切にしています。
矯正治療をはじめる前に、担当衛生士が、お口の衛生状態を調べ、「歯磨き指導」や「食事指導(おやつの食べ方などの指導)」を行います。

仙台東口矯正歯科ではピセラブラシ・プラウト等を取り扱っています

歯磨き指導

歯磨き指導では、プラーク(歯の表面に残った食べ物のかす)の染め出し【写真①】を行い、拡大された写真をモニターで見ていただきます。【写真⑤】

①  染め出し中 ②  写真撮影
③  歯ブラシ指導の様子 ④  仕上げ磨き指導(保護者)
⑤  モニターでの説明の様子   


う蝕予防フッ素洗口剤 ミラノール顆粒11%


フッ素には歯質の強化(フルオロアパタイトの生成)、結晶の質的改善による耐酸性の向上や酸産生の抑制(抗菌作用、抗酵素作用)といった作用のあることが知られています。 ミラノールの洗口液は、歯のすみずみまで素早く行きわたるよう、また、歯へのフッ素の取り込みを促すよう調整されており、う蝕予防をより効果的にします。

う蝕予防フッ素洗口剤 ミラノール顆粒11% (PDF 534KB)


ジーシー MIペースト


お口の状態によっては、「フッ素入り歯磨剤」や「MIぺースト」などの補助的な口腔ケアグッズをおすすめしています。

ジーシー MIペースト (PDF 837KB)


フジオルソLC


矯正装置の接着は、原則として、フッ素徐放性があり、虫歯になりづらい接着剤、GC社の「フジオルソLC」を使用しています。「フジオルソLC」は、一般的な矯正治療向けの接着剤より、強度という面で劣るため、矯正装置がやや外れやすいという欠点がある一方、虫歯になりづらいという大きな利点があります。当院では、できるだけ矯正治療中に虫歯が発生しないため、接着剤にも配慮しています。

フジオルソLC(PDF 1.5MB)


仙台東口矯正歯科  初診相談受付中