初めての方へイメージ

できるだけ優しい力で快適な治療を提供します

「矯正治療は痛いですか?」というご質問をいただくことがあります。 矯正治療では、毎回の来院毎に、歯を動かす力を再付加します。そのため、来院直後の約3~4日程の期間、特に食事中に、違和感や鈍い痛みが発生する場合があります。また、お子さんの場合には、痛みが弱く、大人の患者さんでは痛みがやや強くなる傾向があります。

仙台東口矯正歯科は、できるだけ矯正治療時の痛みが小さく、痛みに敏感な患者さんにも、快適に治療を受けていただくために、弱い矯正力(歯を動かす力)を利用した治療を心がけています。ワイヤーを利用した矯正は、非常に効果的であり、現在の矯正治療の主役ですが、反面、痛みが発生しやすい治療法ともいえます。当院では、できるだけ軟かいワイヤーを使用して、弱い力で歯を動かすことに努めています。

最新の新世代矯正装置『T21』と『クリッピー』で痛みの少ない快適な矯正治療

痛みを減少させ、弱い力でも、歯の移動スピードが速いローフリクションブラケット

1990年代後半から、「*デーモンブラケット」などに代表される、弱い力でも効率的に歯が動く「ローフリクションブラケット」(摩擦が少ない装置の意味)という装置が普及してきました。 当院では、ローフリクションブラケットを積極的に導入しています。当院で導入している装置は、日本製の最新式ローフリクションブラケットT21クリッピーC・ミニクリッピー、アメリカ製のセルフライゲーションブラケットデーモンブラケットです。

T-21はフルパッシブブラケットに分類され、非常に摩擦力の弱いブラケットです。
クリッピーは、細いワイヤーでは摩擦が小さく、太くなると摩擦が強くなるという特徴があり、従来のブラケットと『ローフリクションブラケット』との中間の特徴をもっています。
デーモンブラケットは、最も目立たない装置であるとともに、痛みが少なく、動きの速い装置です。
当院では、患者さんの状態によって、最適なブラケットを選択しています。

*デーモンブラケット:
デュイット・デーモン博士により開発され、1996年に初代デーモンブラケットが発売されたアメリカ製のローフリクションブラケット。2000年代前半にローフリクションブラケットが世界中でブームとなるきっかけを作った。

仙台東口矯正歯科  初診相談受付中