子どもの矯正治療  早期受診をおすすめします

最適な「治療開始時期」と「治療方法」をご説明することが可能です

子どもの矯正治療はいつごろ始めると良いと思いますか? 最適な治療開始時期は、お子さんの状態によって違います。
それぞれのお子さんの状態に適した小児矯正(第一期治療)を行うことにより、歯を抜かないで治療する可能性が広がり、あごの骨のバランスを整えることで、仕上げの矯正治療(第2期治療)の仕上がりがよくなったり、治療が簡単になったりと多くのメリットを得ることができます。1期治療だけで終了し、2期治療が必要ない場合も少なくありません。
しかし、「できるだけ早い時期に矯正治療をすれば、簡単に、安価に、本人の負担も少なく、仕上がりも良い治療ができる」という考え方は、非科学的な迷信です。あなたの周りに、5年~10年も矯正治療を受け続けているのに、あまり歯並びがよくならず、矯正治療に疲れているお子さんはいませんか?
お子さんの状態によっては、大人の歯(永久歯)が生えそろってから治療開始した方が、質の高い矯正治療が可能な場合や、効率的な治療が可能である場合もあります。そのようなお子さんには、小児期には、歯ブラシ指導などの予防管理を行って、適切な時期まで経過観察を行うことが最上の治療選択になります。
仙台東口矯正歯科では最小の治療期間で、最大の治療効果が得られるように効率的な治療に努めます。

小児矯正(第1期治療)のメリット

あごの成長を利用した矯正治療が可能になります
成長期(小学生〜中学生前半)にある子どもでは、あごの成長を利用してよりよい結果を得ることが可能になります。 たとえば、あごの骨が小さい場合には、あごの成長を促す治療が可能です。上あごの成長を促進させることによって受け口を治したり、歯の凸凹を抜歯せずに治療したりすることができるようになります。

仕上げの治療(第2期治療)が簡単になります
成長期に矯正を行うことにより、仕上げの矯正治療(第2期治療)が不要になることも少なくありません。また、仕上げの治療が必要になったとしても、成長期に歯並びを修正することにより、成人になってから矯正を始めた場合と比較して、仕上げの矯正治療(2期治療)の治療期間が短く、簡単になります。

虫歯や歯肉炎の予防になります
生え変わった永久歯は乳歯より大きいため、あごが充分な発達をしていない場合は凸凹した歯並びになります。そのまま放置しておくと、子どもの永久歯は堅さが十分でないために虫歯になりやすくなります。そこで、歯並びを治すことによって、歯磨きが簡単になります。結果的に虫歯や歯肉炎の予防になります。当院では、定期的な歯磨き指導とフッ素塗布などの予防管理を行いますので、子どものうちに矯正治療を始めることは、虫歯や歯肉炎の予防に効果的です。

歯を抜かずに矯正治療できる可能性が高くなります
子どもの矯正治療では、歯を抜かないことが大原則になります。なぜなら、子どもの骨は柔らかいため、矯正治療によってあごを広げることが容易だからです。その結果、仕上げの治療(第2期治療)が必要になった場合であっても、歯を抜かずに治療する可能性が高くなります。

痛みが少なく、歯の動きが速い
子どもの骨は柔らかいために、歯の動くスピードが速く、矯正治療がスムースに進みます。また、矯正治療中の痛みも少ない傾向があります。当院では、できるだけ痛みの生じない弱い力を利用して歯を移動するように心がけておりますのでご安心ください。

心理的な改善が望めます
多感な思春期に入ると、歯並びや口元のコンプレックスを持つことが多くなります。人前で笑わないようになったり、歯並びをもとにあだ名をつけられて傷つくようになったりすることも少なくありません。 そのようなお子さんの場合には、矯正治療によって早期にコンプレックスを改善させることによって、健全な学校生活を送れるようになります。

脳の健全な発達が期待できます
歯並びとIQ(知能指数)には関連があるという報告があります。噛むことによって脳の血流が高くなることは実験で証明されています。歯並びを治すことによってものが咬みやすくなり、脳の血流が増加して結果として脳の健全な発達が期待されます。

子どもの矯正治療(小児矯正・第1期治療)〜第2期治療の流れ


第1期治療(小学生~中学生前半)
最適な治療のタイミングを見極め、部分的な歯の配列や、顎の成長を利用した治療を行います。治療期間は通常1年~1年6ヵ月で、通院間隔はおよそ1ヵ月に1回です。(症例によっては第1期治療を敢えて行わず、第2期治療のみで対応する場合もあります。)


保定・成長観察
歯の生え変わりと顎骨の成長を見守りながら、虫歯予防などの口腔衛生管理を行います。


再分析・再評価
成長が収束する時期に、精密分析と再評価を行い2期治療の必要性を判定します。


第2期治療
全ての歯が、良好なかみ合わせ(咬合)を獲得できるように、仕上げの矯正治療を行います。


保定期間・定期チェック
動的治療終了後は、歯が安定した状態に落ち着くまで、後戻り防止装置(保定装置)を装着して、定期的なチェックを行います。

歯並びがキレイになった後は?

矯正治療でキレイになった歯並びは、そのまま放っておくと、大きく後戻りしていまします。
後戻りを最小限にする装置を「保定装置」と呼びます。当院では、全ての患者さんに、治療後すぐに、保定装置の使用をお願いしています。また、保定装置の使用時間や使用期間は患者さんの状態によって異なりますが、少なくとも半年は食事や歯磨きの時以外の使用をお願いしています。
一定期間をすぎて、歯並びの安定を確認した後で、徐々に保定装置の使用時間を少なくしていただき、最終的には、保定装置から卒業します。

仙台東口矯正歯科  初診相談受付中