[写真あり] 受け口を放置するリスクについて
 ttttttttt さん 男性
2016-05-04 13:06:04
初めて投稿させて頂きます。

僕は現在大学2回生で、先日、大学病院の矯正歯科に受け口の事について初診相談に行ったのですが、僕の場合、外科手術併用か矯正のみかどちらでも治せるが手術併用をオススメするとのことでした。

受け口を放置するリスクとして大学病院の先生がおっしゃったのは、総入れ歯が入れにくいということ、歯周病になった場合の噛み合わせの悪化が早いということでした。

その際に聞きそびれてしまった事なのですが、総入れ歯が入れにくいということは具体的にどういうことなのでしょうか。

安定しにくいとか、入れ歯を入れて食べる際に痛みを伴うとか、そういうことなのでしょうか。

それとも、受け口の方の入れ歯を作ることは難しいということでしょうか。

また、受け口の方の場合、保険の入れ歯と自費の入れ歯で安定具合や痛みに差があったりするのでしょうか。



また、初診相談が終わってからインターネットで、受け口の方は前歯が噛み合わないため前歯で力を逃すことが出来ずに奥歯に負担が集中して奥歯の寿命が短くなる(奥歯が歯槽膿漏と同じような状況になる)という記述を見つけてしまいました。

また、奥歯が抜けると残った前歯はさらに受け口になるという記述も見つけてしまいました。これは本当なのでしょうか。

もし本当で、今僕が受け口の治療をしないとすれば、こうなった際にどのような治療法があるのでしょうか。

奥歯は早くてどれくらいの時期に抜けてしまうのか、前歯が更に受け口になる事で余計に入れ歯がしにくくなるのか、奥歯が抜けるかどうかに関わらず更に受け口になるのか、これから先顔に歪みが生じたりするのかという事も知りたいです。

それに、僕の歯は左上6番と左下7番が噛み合っていて、左上7番は何も噛む歯がありません(左下親知らずは抜歯済)。
これによって起こる不具合(左上7番が倒れてきたり…など)もあるのでしょうか。
右側も同じような感じです。



その他、受け口を放置するリスクとして考えられる事があれば教えて頂きたいです。

顎関節症や頭痛、腰痛、肩こりにも関係するのでしょうか。
また、受け口を手術も矯正もせずに放置している方も(芸能人以外で)沢山いらっしゃるのでしょうか。

もしいらっしゃるのであれば、そういった方達は中年の頃、またそれ以降で困っていないのでしょうか。



僕個人としては、審美的な観点だけなら受け口を治そうとは全く思っておらず、ただ将来入れ歯に困ったり、奥歯が30代や40代で抜けてしまうのであれば今の内に治さないといけないのかなと思っています。

今の時点では、滑舌が悪いとか、口の開け閉めが痛いとか、食べにくいとかは思っていません。
また、受け口の手術を30代や40代、それ以降にやらないといけないというのは絶対に避けたいという思いもあります。

それに、受け口を矯正だけで治すことは、歯に負担が掛かるだけで長い目で見ると金額の割にはあまり意味がないのではないかと思っています(歯根吸収など怖いです)。

また、僕は痛みがもう本当に物凄く苦手で、親知らずの抜歯の際は、斜めに生えてきているから今の内に抜歯しようと抜歯をした1週間前に言われたのですが、その時から晩ご飯しか食べないほど気分的に塞ぎこんでしまい、抜歯後は怖くて歯磨きも全くせずに逆に細菌感染させてしまったり、抜歯後1週間はヨーグルトしか食べない位でした。

それに受け口の手術の鼻からの流動食のチューブ、点滴、口腔内を縫う、腫れや痺れが出るといったことがもう恐怖でしかありません。
口の中を縫っている状態で流動食、縫った所の抜糸などもう耐えられない位痛そうで本当に怖いです。
こんな僕でも乗り切れる手術なのでしょうか。

僕の両親は、手術するなら費用は出してあげるから自分で決断しなさい、と言っています。

また、大学病院へは初診相談に行っただけで、噛み合わせの検査などはまだ行っていません。
奥歯に負担が掛かっているかどうかは検査しないと分からないのでしょうか。

また、検査しても将来的に奥歯に負担が掛かるかどうかは分からないのではないかという気がしていますが、どうなのでしょうか。


術前の矯正を一度始めてしまったらもう後戻り出来ずに、矯正が少しでも痛かったり憂鬱に感じたとすれば、手術までの間ずっと悩んで精神的にもおかしくなってしまいそうで(矯正でさえこんなに痛いのに手術なんて…絶対に耐えられそうにない、嫌だ、怖い、止めておけば良かった……など)怖いです。

また中年の頃になって困った事になるのであれば、なぜあの時手術を決断しなかったのだろうと悩むことになるのも嫌で、最近ずっとこのような事ばかり考えてしまい、一人になると涙が止まりませんし、大学の友達からも「最近元気ないけどどうしたん?」と言われてしまっています。

もうこういう類の事で悩みたくないです。


乱文長文、質問ばかりで大変申し訳ありませんが、アドバイスを頂きたいです。
宜しくお願い致します。

画像1画像1

仙台東口矯正歯科(仙台市宮城野区)の堀内です。

骨格的な下顎前突の方は、入れ歯が安定しない傾向があります。

入れ歯の安定が得られず、生活に支障が発生する場合には、入れ歯を安定させるために、下顎骨を後方移動させる外科手術(外科矯正の手術と本質的に同じです)をおこなう場合もあります。

いずれにしても、相談先の矯正歯科医が外科矯正手術をおすすめしているのであれば、手術を伴う矯正歯科治療がベストの選択だと思います。

しかし、ご心配されているとおり、一度矯正治療をはじめてしまえば、途中で中止することは難しいです。

ネット相談はあくまで参考にするぐらいとして、実際の状態を診て、問題点を把握している、受診先の矯正歯科医と再度ご相談されることをおすすめします。

矯正歯科医とご相談して、外科矯正治療を開始しない場合のメリット・デメリットについて充分に情報を得て、理解・納得した上で「外科矯正治療をすぐに開始しないで相談者さんの気持ちが外科矯正治療にたいして前向きになるまで経過観察を行っていく」という選択肢もあると思います。
2016-04-30 17:53:15

この相談の詳細情報
このページは歯チャンネル提供のリンク機能を使用して、原文より一部抜粋したものです。
全ての質問文と回答を見る際は、原文をお読みください。
原文を見る [写真あり] 受け口を放置するリスクについて
メインカテゴリ 歯並び(歯ならび)<277>
その他<266>
サブカテゴリ その他(写真あり)<246>
下顎前突(受け口)<62>
       
歯科相談 メインカテゴリ一覧
歯医者さんの探し方<5>
抜歯(抜けた・抜く予定)<91>
歯の異常・トラブル<40>
歯の痛み<5>
知覚過敏<0>
虫歯(むし歯)<8>
歯の根っこの病気・異常<7>
根管治療(神経・根の治療)<4>
歯茎(歯ぐき)の病気・異常<7>
歯茎(歯ぐき)の痛み<0>
歯周病(歯槽膿漏)<5>
歯列矯正(矯正歯科)<516>
歯並び(歯ならび)<277>
噛み合わせ(咬合)<30>
歯軋り(歯ぎしり)<3>
顎関節症<26>
審美歯科・美容歯科<15>
歯のホワイトニング<0>
口臭<0>
親知らず(親不知)<16>
上顎洞炎(蓄膿症)<0>
小児歯科・子供の歯<73>
妊娠〜出産〜授乳<5>
歯磨き(プラークコントロール)<4>
舌、粘膜、唇の病気・異常<1>
アレルギー(過敏症)<1>
麻酔<2>
薬剤<1>
レントゲン・CT<0>
歯科恐怖症<1>
治療費・費用<4>
医療ミス・裁判・不信感<31>
詰め物、インレー<1>
クラウン(差し歯・被せ物)<9>
支台築造(歯の土台)<0>
インプラント<4>
ブリッジ<2>
部分入れ歯(部分義歯)<3>
総入れ歯(総義歯)<0>
衛生士・技工士・歯科助手<4>
専門的な質問<26>
歯科と全身疾患<5>
海外<17>
その他<266>

仙台東口矯正歯科  初診相談受付中