目立たない装置・見えない装置

インビザラインとは

矯正治療を検討中の方にとって、最も高いハードルが「装置の見た目」です。そもそも歯並びをきれいにして、美しくなりたいと考えているのに、銀色のゴツゴツとした装置を2年も歯につけるなんて考えられないと訴える患者さんもいらっしゃいます。
写真をご覧ください。左側がインビザラインを装着しており、右側が従来の矯正装置を装着しています。インビザラインは、透明なマウスピースを装着して、歯並びを整えていく治療です。

インビザラインは、米国「アライン社」が開発した透明なマウスピース型矯正装置です。従来のブラケットという固定式装置を利用したワイヤー矯正とは全く違う特徴を持っています。マウスピースは、透明なプラスティックでできており、取り外しが可能です。また、装着していてもほとんど気づかれることがありません。矯正治療中であっても見た目を気にせずに生活できます。

どんな人がインビザライン治療を受けているの?

  • モデル、芸能人、アナウンサーなど人前に出るお仕事の方(透明なのでほとんど人に気付かれません)
  • 矯正治療中であることを他人に気付かれたくない
  • 金属アレルギーがあり従来の矯正装置をつけることができない方(ポリウレタンというプラスティック素材でできています)
  • 歯みがきがあまり得意でない方(取り外しが可能なので歯磨きや食事の際は装置を外します
  • 女性が多いですが、男性の患者様も増えています
  • 今まで矯正治療を受けることに永年二の足を踏んでいた方
  • 結婚式や入学式などの催事が控えている方
  • 激しいスポーツなどの関係で固定式の装置の使用に不安を感じる方
  • 楽器の演奏などの関係で固定式装置の使用に不安を感じる方

なぜマウスピースを付けるだけで歯並びがきれいになるの?

はじめの歯並びから、治療ゴールとして設定した状態に向けて少しずつ移動するようなマウスピースを交換していくことにより、少しづつ歯を動かしていきます。歯は力を受けた方向に移動する性質がありますので、歯の移動原理としてはワイヤーを使用した歯の移動と同じです。

インビザラインを選ぶ人の理由(インビザラインと他の矯正治療との違い)

以下は、インビザラインとその他の矯正治療の比較表です。

インビザライン 表側の矯正 裏側の矯正
ハーモニー
インコグニート
概要・装置 透明なマウスピースを装着 歯の表側に装置を装着 歯の裏側に装置を装着
見た目
ほとんど見えない
×
まったく見えない
取り外し 可能
歯みがきや食事のとき
外すことができる
× ×
費用
表側より少し高い

もっとも安い
×
もっとも高い
適応症 ×
重度の不正咬合の人は
治療を受けられない

誰でも治療が受けられる

誰でも治療が受けられる

インビザラインの費用

矯正治療の費用は、一部の症例を除き、健康保険適応外(自由診療)となります。インビザライン矯正治療も、同様に、健康保険を使うことはできません。

また、インビザラインの治療費は、従来の矯正治療(ブラケット矯正)より、少し高い設定になっています。大人の場合、従来の矯正治療(ブラケット矯正)は650,000円~となっていますが、インビザライン矯正治療は、760,000円~となっています。

矯正治療をスタートするかどうか金額がハッキリとしないと判断ができないと思います。当院では、初診相談を行っております。初診相談では、さまざまな検査を行い、治療費を算出します。初診相談を受診したからといって、当院で矯正治療をスタートしなければならないという義務はありませんので、正確な治療を確認されたい方は、一度、当院の初診相談を受診していただければと思います。

インビザライン治療の流れ

上下の歯型をiTeroスキャニングを使用して記録します。

歯型の記録に不備などがないかその場でスキャニングデータを3Dで確認します。

数日でインビザラインのための治療計画シミュレーションを何パターンか作成します。

実際に歯並びが変わる様子を3D動画でシミュレーションします。

右の動画のようにシミュレーションします。

数日でインビザラインのための治療計画シミュレーションに基づき、マウスピースが到着します。


インビザラインの治療例

空隙歯列【スペースドアーチ】【インビザライン】

▼治療前

▼インビザライン装着時

▼治療後

インビザラインの適応症

インビザラインのメリットは、従来の固定式矯正治療の様に、ワイヤーがお口の中に刺さる等のトラブルがないということです。さらに、食事中には、透明な装置を外しますので、治療中にお食事がしにくいという問題が発生しません。

一方、インビザラインのデメリットですが、インビザラインは、従来の矯正装置のようにあらゆる歯並び治療が可能な装置ではありません。近年、インビザラインによる矯正治療は、大幅な進化したため、現在は、適用症例は大幅に増加しています。しかし、残念ながら、現在でも、インビザライン単独治療が困難なケースもあります。

以下のような歯並びの状態の方は、インビザライン矯正の適応から外れる可能性が高いです。

インビザラインでは治療ができないと他の医院で言われた方へ

当院には、他の歯科医院で「あなたはインビザライン矯正ができないので諦めてください」と言われた沢山の方が相談にいらっしゃいます。当院では、インビザライン単独での治療が難しい場合には、従来のブラケット装置とインビザラインとの「コンビネーション治療」で対応することが可能です。

コンビネーション治療例① 追加費用なしプラン

このプランの場合、まずインビザラインにより、歯列全体の歯並びを大体整えていきます。最後の微調整をブラケット矯正で仕上げていきます。


コンビネーション治療例② 人に気付かれないプラン(追加料金あり)

このプランは、どうしても「人に気付かれたくない」方に喜ばれています。追加の費用がかかってしまうのがデメリットですが、最後の微調整を裏側矯正で行うことにより見た目の心配はいりません。

仙台東口矯正歯科  初診相談受付中