最新の設備と徹底した衛生管理

徹底した衛生管理

仙台東口矯正歯科では、診療に使用する器具はすべて徹底した滅菌・消毒を行っています。

滅菌パック 滅菌パックされたワイヤー 滅菌器

診療ユニット

当院の診療ユニットは、「スペースラインV」(モリタ製作所)です。世界最高水準の感染対策システムを備えています。(▼当院での消毒の様子)

スペースラインVの特徴

給水管路クリーンシステム


診療後、残留水をフラッシング装置より排出する際、洗浄液を給水管路に供給します。洗浄液を管路内に滞留させ、夜間、休日等の給水管路をよりクリーンに保ちます。診療開始時には、洗浄液を排出します。

フラッシング装置


各管路内の残留水・洗浄液を排出します。

バキュームタンク自動洗浄システム


診療終了後にクリーニングスイッチを押すと、タンク内を自動的に洗浄するメンテナンスシステムです。

歯科用除菌フィルター


多孔質中空糸膜でエアーと水回路の一般細菌、大腸菌、微粒子などを捉え、クリーンなエアーと水を供給します。

デジタルレントゲン

仙台東口矯正歯科ではレントゲン被曝線量が少ないデジタルレントゲン「ベラビューエポックス2D」(モリタ製作所(京都))を採用しました。ベラビューエポックス2Dは、世界屈指の総合歯科器材メーカーである株式会社モリタ製作所(京都)の開発チームと連携して、院長 堀内淳が矯正歯科分析に適したレントゲン画像の画質向上に共同開発を続けている最新のレントゲン撮影装置です。撮影後、すぐに撮影結果を確認できること、画質に優れていることも大きなメリットです。また、当院勤務医 佐藤亨至が開発し、全国歯科大学全ての矯正歯科学教室で導入され、市場シェアNo.1の矯正分析ソフト『Winceph』(ライズ株式会社(仙台))と連動するシステムとなっています。

消毒スリッパ

診療室内では、清潔管理のため、スリッパの使用をお願いしていますが、院内スリッパは、全て紫外線消毒を行っています。安心して御使用ください。

仙台東口矯正歯科  初診相談受付中