目立たない装置・見えない装置

裏側からの装置や、目立たない装置をご用意しています

「できるだけ目立にくい装置で治療できませんか?」というご要望をいただくことがあります。

 矯正治療は、お口の健康向上と*QOL(クオリティ オブ ライフ)の向上を目指す医療であるため、本質的には、隠れて行う必要はないと思っています。実際、矯正の受診率の高いアメリカやヨーロッパでは、あえて目立つ矯正装置を使用して、患者さん自身が、矯正治療中であることを積極的にアピールする傾向にあります。近年日本でも、表側にブラケットをつけたまま活動を行っている女優さんや、スポーツ選手が増えてきました。  しかし、日本では、矯正治療中に装置が目立つことに抵抗感のある方もいらっしゃいます。当院では、目立つ装置に抵抗感のある方が、快適に治療を受けられるように、「白いブラケットと白いワイヤーの表側矯正装置」、「歯の裏側に装置をつける、裏側矯正装置」、「透明なマウスピース型の矯正装置」をご用意しています。

*QOL(クオリティ オブ ライフ):生活の質。どのくらい質の高い生活をおくれているか、という概念的な尺度のこと。

仙台東口矯正歯科  初診相談受付中